ブログ

一年の半分が終わった。

「さぁ!夏だ!!」と思っていた矢先に、年の半分が終わっていたなんて、何だか拍子抜けしてしまう。

60数年生きて来て、改めて言う事でもないけどね・・・。

3月になって春の訪れを感じる頃、陽が長くなったなぁ・・・といつも思う。

6月になり、夜の7時まで明るい日が続く。

よく考えてみれば、夏至って6月の21日だったんだ。

陽が長いのは夏、と言う先入観があるから、これから夏に向けて陽が短くなって行く事に違和感を感ずる。

陽が長い時期に居酒屋へ向かおうとすると、お局がいつも「まだこんなに陽が明るいのに、もう飲みに行くの?」と怪訝そうな顔をする。

同じ時間でも、秋なら何にも言わないのにね・・・。

暗さは、人の享楽を助長させるのか??

そんな小言おばさん事”お局”は、着付け仲間と東京へお上りさんに出掛けた。

目的は聞かなかったが、きっと着物とか帯の展示会があるのだろう。

今日の夜は、一人で晩酌。

何をツマミに飲もうかな・・・・


デジャブ・・・

実際は一度も経験をした事がないのに、もうすでに経験した事があるように思える事。

確かに、「あれっ?・・・こっれって・・・夢で見た??」とか思う事がある。

不思議な現象ではある。

このデジャブとは多少違うかも知れないが、豊川のある場所を通ると、胸が詰まり、堪らなく切なくなる事がある。

産まれも育ちも豊川だから、幼少、もしくは学生時代に、何かしら思い出として心に残っているのだろうかと記憶をたどってみたが、そこで遊んだ事も、ましてや学生時代にその辺りでデートをしたと言う記憶もない。

そして、今通っている道は新しい道で、学生時代にその道はまだなかった。

胸がキュンとなるのは、その場所だけである。

何なのだろう・・・。

今日も仕事でその道を通るけど、きっとドキドキ・キュンってなっているんだろうな・・・
不思議。。

トウモロコシを頂いた。

いつもお世話になっているマークからの贈り物。 もちろん渥美産。

トウモロコシは物心が付いた頃から大好物で、母に聞いたところによると、まだ這っていた幼少時に、ざるに入っているトウモロコシの周りをグルグルと這い回っていたそうだ。

去年もお盆過ぎに長野県の売木へ行った時に、ダンボール2箱を買って帰った。

さすがに最後の数本は乾燥させてしまったけれど。。

今では生で食べられるトウモロコシが盛んに流布されているが、別に生で食べなくても、焼いたり蒸したり茹でたりすれば、その方が美味しいと思うのだけれど・・・。

後は茶豆。

有名なのは、千葉産と新潟産らしいが、以前頂いた茶豆を一摑み茹でて、あとは翌日に・・・と思い冷蔵庫にしまった。

ビールのあてで飲んでいたのだが、気が付くとアッと言う間に食べてしまい、又冷蔵庫から出して食べてしまったほど後を引く茶豆だった・・・

春はそら豆、他に茹で落花生、ピーナッツ(揚げピーナッツ大好き)フライビーンズ、ジャイアントコーン、ナッツetc・・・豆類全て大好き!

お局に「ほんと・・・豆小僧だねぇ」と言われる所以。

若い頃は、違う意味で「マメ小僧」とも言われた事もあったけど、そちらの方は、歳を重ねると執着しなくなって行くみたい・・・。。。

やっぱり90歳になっても豆好きでいるのかなぁ・・・・。


2年前に胆嚢の摘出をした。

その前年くらいから食が細くなり、夜中起きの夜食も食べなくなっていた。

4~5年前は78Kgだった体重が、去年の秋には68Kgになっていた。

去年の秋まで、毎日のように計っていた体組成計も、起き掛けに靴下を履くようになってから乗らなくなっていた。

一昨年の正月も、色々な物を腹一杯食べ、お神酒もたらふく飲んだ。

意外な事に、それでも体重は増えなかった。

今年の正月も、同じように一杯食べ、一杯飲んだ。

春を迎える頃、一回り小さくした綿パンのウエストがきつくなっていた。

あれ??・・・・

風呂に入っても、湯船に浸かる姿の腹回りが、嫌に太く鏡に映っている。。

恐る恐る体重計に乗ってみた。

あちゃぁ~~~76Kg。。

半年で8Kgも太っちゃった。。

先日、お世話になっているスーパーへ納品に行った時、丁度そのスーパー(多店舗経営をしています)の専務に会った。

10年振りくらいだろうか・・・

「あっ!おはようございます お久し振りです」と挨拶をすると、怪訝そうな顔でチョコボの顔をジッと見て、「あ~~~!分らなかったですよ・・・」と言う。

で、「どうかしたの?病気??顔が変わってしまったね・・・頬の辺りがむくんでいません?」とも言う。

病気をして、顔がむくんでいると思ったらしい。

ダイエットで変に痩せこけるのも見苦しいけど、太って「病気?」と言われるのもなぁ・・・

もうチョットだけ絞ろうかな。。



残念ながら日本の予選敗退が決まっっちゃったねぇ・・・。

まぁ、順当な結果と言えば結果だけど、小さな奇跡を願っていた我々日本人としては、残念!としか言いようがないかな。。

日本が属していた予選CグループのFIFAランキングは、コロンビア8位、ギリシャ12位、コートジボアール24位、そして日本は46位と下位。

全出場国の中でも日本より下の国は、アジアリーグの韓国、オーストラリアだけ。

FIFAランキングも、ゴルフのフェデックスポイントランキングも、ちゃんとした実績に基づいて出したランキングだと言う事が証明されたんだ・・・

一位のスペイン(前回ワールドカップ王者)が予選敗退したのは驚きだったけど・・・。

日本が持つ能力を100%出し、コロンビアが70%くらいの力で戦って引き分け、日本が80%、コロンビアが70%だったら、今日のような結果になるのだろうな・・・。

日本の持つ能力の8割から9割出し切ってこの結果だったのだから、「良くやった!」と今後も応援して行きましょう。

日本の決勝リーグ・・・・見たかったなぁ。。


又最近悲惨な殺人事件が多い。。

花でも見て心を落ち着かせよう。

尼崎事件を彷彿させるような福岡築後のリサイクルショップ経営の夫婦。

栃木の小1女子殺人は、ようやく犯人が捕まったものの、物証が少なく犯人と断定出来ないでいるとか・・・。

熊本の女子高校生殺害事件の静岡の男。

ブラジル国籍の中学の同級生による殺害、レンタルルームへ送り届け自分は中国へ逃亡。。

交際相手による東京日野市の河川敷放置殺害・・・。

まだまだ悲惨な殺人事件が後を絶たない。

殺す側の人間の心理を見てみたい。

せっぱつまって・・・ではなく、ゲームで敵を倒すくらいの感覚で人殺しに走ってしまうのだろうか・・・? どうにも理解が出来ないでいる。

そして、その犯人達にも、裁判での判決の前に弁護士が付いて、その殺人犯を弁護する。

ある時には、その犯行が行われた時には、精神状態が異常をきたしていた。とか、殺人は不可抗力だった。とか弁護して無罪まで要求する時がある。

そして、人権派と呼ばれる弁護士は死刑反対論者が多い。

亡くなってしまった命より、今ある命・・・厚生するかも知れないと言う人権論に基づいて弁護をする。

正論のように思われるが、遺族にとってはたまったものではない。

チョコボの知人にも死刑絶対反対論者がいる。

日本もアメリカのように懲役60年とか100年の判決で、一生刑務所で償うなら良いが、10年~15年でシャバへ出て来てしまう。

殺人でそれはないだろう。。

反対論者に言わせると、ここは日本であり、ハムラビ法典のような”目には目を、歯には歯を・・・”の刑はおかしいと言う。

彼に聞いてみた。

「もし、あなたの娘さんが、名古屋で起こったネット殺人のように、見知らぬ3人の輩に、車内で暴行を受け、その後首を絞められ殺されたとしても、その犯人達を死刑にしてくれとは言わない?」と・・・。

彼は胸を張ってこう言った。

「あのね、彼らは死刑になりませんよ・・・なぜならば、その3人を自分が探して先に殺すからです」と・・・。

事故で娘や息子を無くす事は、痛ましさが伴う。

殺人によって起こったそれは、悔しさ、虚しさ、恨み、無念さが一生付いて廻る。

無罪を主張する意義が見当たらない・・・。。

6月の頭に、”又ホタルを見に行こうな”と言っていたのに、すっかり忘れていた。。

去年も行きそびれてしまったし、6月の中旬まで、と言っていたから一週間遅かったかな・・・

もう20年くらい前だろうか、知人が「朝倉川の上流でホタルが見られる」と言っていたのを思い出す。

朝倉川と言えば、吉田城の下で豊川と交差する川、と言うイメージがあり、牛川街道を豊川方面に向かって走ると、最初にある川。と言う認識しかなかった。

その上流、と言われ、多米方面ではなく、本坂峠、、、いわゆる嵩山(スセ)の辺りだろう・・・と思っていた。

3年前にそのホタルの話題となり、朝倉川の上流の話になった。

聞いてみれば、何の事はない。。

我が家から1Kmほど東へ行った所にある小さな川が、その上流だった。

息子は、その真ん前にある幼稚園に通っていたし、その川沿いの道は、もう40年近くも前から通っていた道だった。

改めてよく見れば、川沿いに「ホタルの宿」と言う小さな施設や看板まで立っている。

2年前に初めてホタルを見に行って、その幻想的な夜景に、50年前の懐かしさも含め、甘酸っぱい思い出が蘇えって来た。

今日、駄目元で行ってみよう・・・。


デッキで実ったブルーベリーの美。

赤味掛るのはいつの頃だろう。。

先週の日曜日から始まったゴルフ&サッカーの陰鬱な日々。

無残な結果で終わった男子全米オープンの結果。

あれが、出場選手4人の本当の実力と思わなければいけない。

そして数時間後に行われたサッカーワールドカップ初戦のコートジボワール戦。

開始早々1点を入れたもの、後半ドログバが投入されるや形勢は一気に逆転。。

アッと言う間の2点を入れられそのままホイッスル・・・。

力の抜けた事・・・。。

そして今日のギリシャ戦。

誰しもが勝ち点3を願っていた事だろう。

しかし、決定打を決められず、悔しいドロー。

今日から始まった女子の全米オープンゴルフも12名と多くの参加者がいたにもかかわらず、(本当!選ばれし者だけが行って欲しいのに・・・)+3で上がったのは、アマチュアの橋本千里(初めて聞いたよ・・・)森田理香子の二人。

35位タイと言うのだから、全米クラスでは日本人は太刀打ちできないのだろうか。。。

今日のギリシャ戦のあと、解説者のセルジオ越後氏のコメントが的を得ていた。

「これが実力だ。結果は驚きでもなんでもない。今大会の他の試合を見れば一目瞭然だ。日本はどの国よりも未熟で、どの国よりも走っていないし、迫力がない。にも関わらず、一番期待されている国だ。海外組ブランドが喧伝され、選手たちは大スターのように扱われてきた。ヌルい親善試合と、本当のことを言おうとしないメディア。強化よりも興行に気を取られてきた結果、自分たちの実力が実態以上に大きく見えるようになってしまった。しかし、現実は隠せないということだ」

期待が大きすぎるのか、確かにFIFAランキングは、日本は40数位と出場国の中では下位。

ゴルフの世界ランキングも、上位10名くらいの選手は、本当に上手いし、実力もかけ離れているように思える。

世界大会で残された結果が、今の本当の実力と思うしかないか・・・。。


「ランチュウ」

究極の金魚飼いは、ランチュウと言われるが、中々満足の行くランチュウが飼育出来ないでいる。。

このランチュウも、豊橋では有名なブリーダーに黒仔を分けてもらったもの。

この方のランチュウ、春先に仔が孵化すると、東京、大阪方面から新幹線に乗って仔を買いに来ると言うから、全国的に有名なのだろう。

この方が、同じ腹の仔を育てたら、もっと立派に育てているのだろう・・・

我が家に来て可哀想な事をしてしまったかな・・・。。

で、今、毎朝水替えをして飼育している土佐錦の黒仔。

水替え後に与えてやったミジンコを美味しそうにつまんでいる。

7月の中旬には、この倍の大きさまで育ててやりたい・・・。

このくらいまでにはしないとなぁ。。



足助の街に「マンリン書店」と言う店がある。

街道に面して本屋があり、その裏には蔵を改装した喫茶ルームとギャラリーが広がり、色々な作家さんの作品が並んでいる。

足助に行くのは、この店が目当てと言っても過言ではない。

その店(本屋さん)で見つけたこの一冊。 

   

明治に入り、数百あった藩の城のほとんどが取り壊されてしまった。

反政府分子の拠点になり籠城されては困るし、維持費も莫大な出費になると言う事が廃城の理由らしいが、まぁ、、時代の流れと言うか、仕方がない事なのかも知れない。

ページをめくると、一面に明治初期の熊本城が出て来る。

遠目に見れば、馴染みの熊本城なのだが、アップで見ると(城の写真をクリックして拡大)瓦は崩れ落ちそうになっていたり、雨戸の扉が外れて飛んでいたり、もうボロボロの状態である。

他の城も壁の漆喰が崩れ落ちていたり・・・・

全国にあった数百の城も、明治の初期にはきっとこんな状態だったのだろう。

立派な城も、人の手(管理)が入らなければ、4~5年でボロ城になってしまうのだ。

後世に残すと言う事は、大変な事だとつくづく思わされた、一冊の本。。


まだ若かった頃、親爺に呼ばれて説教を受けた事を思い出す。

「お前なぁ・・・きっと自分の話を”うるさいな”と思って聞いているのだろうけど、『親の意見とナスビの花は、千に一つの無駄もない』と言う言葉がある。親は、すべてお前の事を思って小言を言っているのだ。それを受け入れて生きて行きなさい。」と・・・。

その時に、やはり親爺の言う通り、”うるさいな・・・親の意見だって、すべてが正しい訳じゃぁない・・・無駄な意見だって一杯あるし・・・親のエゴだってあるじぁないか・・・”と思っていた。

そして自分が子供を持つ年齢になって、気が付けば息子に小言を言っている。

全ては息子の為を思って口を出してしまうのだが、「親の意見と・・・」は出て来ない。。

きっと同じような誤解をされるだろうし、何だか説得力がないような気がして口には出さないでいた。

「親の意見とナスビの花は、千に一つの無駄もない」

そっか・・・「無駄」と言う言葉が何か引っ掛かりがあったんだ・・・。

「無駄」を「仇」に変えてみた。

『親の意見とナスビの花は、千に一つの仇もない』

そう・・・それが結果的に間違っていると思う意見だとしても、親と言うものは、いつも子供の幸せを願っているんだよ。


息子もきっと20年後に、、この言葉を痛いほど分かる時が来るに違いない・・・。

ドクダミ、アジサイ、モミジの新芽

6月模様の庭木達。

梅雨に入っても、一向に雨は降らず、植木たちも水を恋しがっている様子。

そして昨日のサッカーは、残念ながら逆転負け・・・。。

全米オープンゴルフは、チョコボが懸念していた通り、宮里&矢野は、出場選手の中で、ぶっちぎりのブービー&ブビーメーカー。。

谷口は何とか決勝に残ったものの、決勝ラウンドの3日目に88を叩いて決勝居残りの中で、又々ぶっちぎりドベ。。

何だか、東大の入試に、とてもそのレベルでない出来の悪い高校生が、偶然枠が空いたし、折角だから・・・と言って受験したようなものに見えて来た。

応援しているから、と言って願いが叶う訳でもなく、実力の差はいかんともし難く・・・応援以前に、恥ずかしさすら覚える。。

これでシトシト雨でも降っていれば、あ~あっ・・・とため息が出そうな月曜日。

さぁ、この憂鬱感を払拭するために早めに家を出て、午後から気晴らしにどこかへ出掛けよう・・・。

アプローチにある小庭に置いてある石臼をオイトーブ仕様にしてみた。

冬の間中、数年前に置いた睡蓮の小鉢があったが、もちろん冬の間は葉も花も咲かず、水替えもせず、そのままの水溜まりになっていた。

バラバラになっていた竹の日除けを編み直し、水替えをし、水草を入れ、メダカを10匹放した。

無尽蔵に生えて来て邪魔だと思っていたトクサも、改めてみるとアクセントになるから不思議。

金魚の稚魚用に用意してある冷凍のミジンコを与えてやると、嬉しそうに餌を求め泳ぎまくっている。

デッキで飼育している土佐錦金も、形の良し悪しが分かって来た。

梅雨明けには最終選別で20匹くらいに絞ろうと思うのだが、残りの70~80匹の金魚をどう処分しようか思案中。。

近所の方が貰ってくれれば良いのだけどね・・・。。

春先に隣家の庭に咲いた早咲きの桜をアップした。

ブログをサボっていた時に、いつか載せようと思って撮ったサクランボの写真。

このサクランボが、2~3日するとほとんど無くなってしまう。

家人の方が食べるのではなく、色々な小鳥がやって来て、美味しそうに摘まんで行く。。

小鳥達にとっては、年に一度の御馳走パーティが開かれているのだろう。

そう言えば、我が家のブルーベリーも小さな実を付けていた。

我が家へも小鳥達が、その実を食べにやって来るのだろうか・・・

そうだ・・・我が家は番人猫4匹が待ち構えているから、絶対に近付かないな・・・。



ゴールデンウイーク前の土曜日に行った足助の街と土岐のアウトレット。

足助は、去年の秋に行った香嵐渓の紅葉狩り以来。

土曜日だと言うのに、あまりの人気のなさに唖然・・・

以前入った足助の洋食屋「参州楼」も昼時だと言うのに、客は我々のみ。。

秋以外はこんなに空いているのかと、少し寂しさを感ずる。

一通り街を散策して、土岐のアウトレットまで一走り。

特別に欲しいものはなかったらしい(お局が・・・)が、まぁ折角近くまで来たからと寄ってみた。

施設の裏にあった駐車場が、店舗増設の建設が進んでいた。う~~ん・・・アウトレットねぇ・・・。。

自宅から1時間~1時間半ほどの距離なら、出掛けてみようかな・・・なんて思うが、それ以上だと、どうしても気が乗らなくなって来ている。

やっぱり、”のんびり”が一番の贅沢なのかな・・・。


明日の夜からUSオープンが始まる。

松山秀樹は昨年の10位、そして前々週の優勝によって出場権は前から持っていた。

そして遼くんは、昨年の実績では出場権は得られず、先週の最終予選に出たものの、残念ながら出場権の獲得は出来なかった。

まぁ来年以降に期待しましょう。

それと日本人としては、谷口徹、矢野東、宮里聖志の3人も出場する。

が、、、宮里聖志は日本のシード権を失っているし、矢野も一時ほどの活躍もなくシードぎりぎりの選手。谷口だって、世界で通用するほどの実力はない・・・。。

たった一発のゲームでこんな大きな試合の出場を決めるのもはなはだ疑問だが、はたしてこの3人が出場選手の中でどのくらいの位置で予選を戦うのか・・・正直言って、まるっと期待出来ないでいる。

オリンピックの100m走で、他国の選手が9秒7~8で走ると言うのに、10秒1ですら走れない10秒5~6の選手が走るようなものではないかと思っている。

もちろん日本人として応援はしているのだが、客観的に見ても実力の差はいかんともし難く、松山以外無残なスコアで予選落ちするのではないかと思っている。

大リーグでは、田中マー君、ダルビッシュ、イチロー、青木、岩隈等大活躍を見せてくれている。

が、ゴルフ界では、日本のトップ10くらいの選手は、アメリカへ行けば富士山の裾野辺りの実力であろう・・・。

そのクラスの選手はアメリカではゴロゴロしている。

松山クラスの選手がもう2~3人出て、メジャー大会で活躍し、遠い日本から見る夜中のテレビの前でワクワクさせて欲しいものである


4月の半ばのブログに、”枯れたと思っていた苔玉の木に新芽が出て来た”

と書いたが、この写真が5月の連休後の姿。

新芽が出て来た時には、この木がモミジだと言う事も忘れていたが、今では枝が四方八方に伸びてしまい、先日剪定をした。

ベランダに置いてあるこんな木々を見ると何だか心が落ち着く。

やっぱり歳を取ったのかな・・・。。


天然記念物の「土佐錦金」

もうずいぶん前から金魚は趣味として飼っていた。

ランチュウ、地金、そしてこの土佐金も・・・。

ただ飼っているだけなら充分に趣味として成り立つのだが、どうしても写真のような良型の魚が手に入らなかった。

会に所属して、会員の方から良型の仔を分けてもらう訳でもなく、近所の養魚場で稚魚を買っていただけだから、どうしても形が悪く、成魚になっても見惚れるような金魚はなかった。

今年の冬、水替えも怠っていたらずいぶんの金魚が☆になっていた。

可哀想な事をしてしまった・・・。。

今年の連休明けに、ネットで見た分譲魚に応募してみた。

やって来た稚魚は約100匹弱、まだ1cm足らずでまるでメダカの子供のよう。

我が家にやって来てから約3週間、見違えるような体形になった。

今度は水替えも頻繁に行い、立派な成魚にするつもり。

秋にはどんな姿に成長しているのやら・・・

楽しみではある。



ブログの更新をサボって、気が付けば1ヶ月半も放置・・・。。

色々な方から「大丈夫?」とか「何かあったのでしょうか?」との連絡を頂きましたが、病気で長期入院&治療・・・と言う訳でもなく、ましてや長期の外国旅行、などあるはずもなく・・・。

2~3日の放置が、元来のサボリ癖が出てしまい、現在に至ってしまったのです。。

一ヶ月半前の日、午前に配達を済ませ、昼からゴルフに出掛けた。

5時前にプレーを終え、6時にいつも集まる居酒屋へ集合。

大体が2時間ほどで飲み会も終わるのだが、その日は、友人・知人が多く居たから性質が悪い。

お調子者のチョコボ、羽目を外して飲んでしまった。。

結局、調子に乗って飲み過ぎてしまい、帰ったのが午前様・・・。

次の日は当たり前のように「二日酔い」・・・

早く寝ようと思った矢先、旧知の友人から電話・・・

「近くまで来たからちょっと寄るわ」

まさか来るな!と言えるはずもなく、二日酔いと眠気は全然取れず・・・。

翌日も疲れは取れず、パソコンの前に座るのだが、ネットサーフィンをするだけでブログを更新する意欲が無し・・・。

ほんの2~3日のサボリのつもりが、今日に至ってしまった。

今は毎日の晩酌と、土佐錦金の稚魚の水替えと成長を楽しみにする日々。

またボチボチブログを書いて行くか・・・。


ネットサーフィンをしていたら、生パスタ製造の専門会社にたどり着いた。

気に入れば取扱商品にしても良いかなと思い、早速サンプル依頼をしてみた。

昨日届いたので、早速「カルボナーラ」と「ベーコンのペペロンチーノ」を作ってみた。

食感は乾麺と全然違う。 何とも言えぬモチモチ感。やはり美味しい。

ただ感じたのは、茹で上げだけに麺と麺とのネバリがあり、下手をすると、腰のあるうどんになりかねない。うどんは水洗いするが、パスタはそのままソースに絡めるために悪い言い方をすれば、麺がベタ付く。。

仕様書を見てみた。

やはり、そのところが気に入らない顧客もいるようで、その調理方法が書いてあった。

やはりそうだったんだ・・・。。

仕様書を見る前に、ソースに絡める前に、茹で上げた麺をオリーブオイルでコーティングしたらどうかな・・・と思っていた。

まぁ、少しの違いでほぼ正解だったけどね。

今度はフィットチーネで「トマトパスタ」を作ってみよう。



日曜日は久し振りのゴルフ。

二年前に四十肩(50歳でも60歳でも四十肩と呼ぶそうです。。)を患ってから丸一年ゴルフとはご無沙汰だった。

去年も数回しか行っていない気がする。

で、先月も同級生たちと東海カントリーでプレーしたのだが、久し振りにしてはOB二発で96回とまぁまぁの出来だった。

ただ、ティーショットのドライバーが右へ出て行く。

スライスと言う訳ではなく、ただただ、狙った方向の30度くらい右へまっすぐ出て行ってしまう。。

左の隅を狙って構えているつもりでも、やっぱり右方向へ・・・。。

先週は、ハンディ4の方と回った。

前半はパターで苦労したものの45。

後半のあるホールで、その方が、ドライバーのスイングを見てくれた。

と・・・「なぁ~んだ・・・お前さ、トップの時にクラブヘッドがシャット(閉じて)になってるわ・・・トップの位置は出前持ちの形って聞いた事あるだろ?」と言う。
分かってはいたけど、フェースが開いたままのようで怖がっていたのだろう・・・

そして、「ためしに一球打ってみろよ」と。

トップの手の位置を意識して打ってみた。

「カキ~ン!」

今まで見た事もないような球が空を飛んで行った。。

へぇ~~~。。。だった

今まで10球に一回良い球が打てれば上等だったが、これなら3~4回に一回はあんな玉が出そう。

練習と、次回のゴルフが楽しみになって来ちゃったなぁ・・・


先週、知人3人とデッキで焼き鳥&イタリアンパーティを開いた。

やっぱり炭火で焼く焼き鳥は美味しい。

チョコボイタリアンスペシャルも、用意した品数は、みんな焼き鳥腹になってしまい完食出来ず・・・残念。。

翌々日、スーパーへ行った時に、美味しそうな「ハラミ」と「タン」を発見。

やはり炭火で食べたくなった。

ビールで、ネギタン&ハラミも最高! いつも500mlの缶ビール一本で済ますところを、もう一本追加。もちろん、その後は焼酎を飲みましたが・・・

で、白い御飯を食べたくなったのだが、肉は完食してしまい、おかずがない。。

結局、冷蔵庫にあったアジの開きを焼いておかずにした。

オーブンで焼く、いつもの開きと違いがハッキリとわかる。

改めて炭火で焼く美味しさに感心。

いつも二人での食事だから、わざわざ炭火を起こして焼くほどの需要はないけれど、焼き物が食べたい時には、炭火!やっぱりこれがいいな。

デッキでビール・・・

こんな休日が多くなりそうだな。。

イモリとヤモリ・・・

漢字で書くと「井守」と「家守」(もしくは「守宮」)である。

最近ではあまり見なくなったが、昔の家の水回りで良く見た気がする。

で、、、最近、我が家のオスの白猫「キョンキョン」が、外出して持って帰って来るのがこのヤモリ・・・。

よく見ると、顔はワニ顔をしていて気持ちが悪い。。(故にイラストにしましたが・・・)

トカゲとイモリとヤモリ。

この違いがさっぱり分からなかった。

ヤモリは爬虫類で、イモリは両生類(カエルと同じ)らしい。

確かに両方比べてみるとその違いが判る。

でも、どこで見つけて来るのか知らないけど、こんなのを持って来られて、リビングに放たれても、迷惑だ!ちゅーのに・・・。。。

昔、「チー」という猫がいたが、この子のお土産にもビックリした。

数年前に、二階の寝室へ行かず、そのまま居間に布団を敷いて寝た事があった。

夜中に、枕元で「キーキー」と何か鳴く声がした。

寝ぼけまなこで灯りを付け声のする所を見たら、、なんと・・・羽根の腱を切られ、動けなくなったコウモリがこちらを見て鳴いていた。
目が合ってしまった・・・。

まさしく「ギエェ~~~!」だった。。

お土産で持って来なくていいから、外で遊んでいらっしゃい。って教えたいのだけど、何か教える方法って、ないのかなぁ・・・


去年の鳳来でのイ・マエストリ無二の市で買った苔玉。

購入した時に、「葉が落ちて、又来春の新芽を楽しんで下さい」と言われた。

12月になっても落葉はなかった。家の中に置いてあったからだろう。

1月になってようやく落葉し始めた。

後は、春になって新芽が息吹き出すのを楽しみにしていた。

3月になって、水も頻繁にやり、枯れた下草も取り除いてやった。

しかし、新芽が出る兆候はなかった。

4月になっても・・・・。

先週、ふと見ると、枝の先っぽに小さな新芽を発見。

あれから一週間、日々大きくなって来ている葉を見るのが楽しみになっている。

ついに、本物のオジンの心境に達したか・・・。。


最近入って来たメール。

 【調査予告通知 】

弊社は、インターネット運営会社、ソーシャルネットワークキングサイト(以下通知会社という)の代理人として、貴殿に対し次の通りご連絡(通知)いたします。

さて、通知会社は貴殿に対しインターネットサイト利用料金(サイト登録料・特典付きメールマガジン等)の債権を有しておりますが、貴殿におかれましては本債権の弁済がなされてない状態になっております。

また本件インターネットサイト登録の解約又は特典付きメールマガジン等の解約手続きもなされておりません。

よって、インターネットサイト利用料金が常時発生している状態です。

上記の理由により弊社は通知会社の依頼により、貴殿の個人情報調査等(身辺調査含む)の依頼を受け【翌営業日】までにご連絡頂けない場合には調査事務代行等を開始致します。

期日までにご連絡も本債権の弁済もなされない場合には、やむを得ず個人情報調査等を開始し、その後、法的措置(起訴提起、刑事告訴等含む)及び信用情報機関への照会・登録等しかるべき対応をさせて頂きますのでご承知おきください。

※ご連絡なく各手続きが開始された場合には、本債権の遅延損害金及び訴訟費用並びに調査費用等もご請求させて頂きます。

※メールでのご返答は受け付けておりませんので携帯電話からお電話ください。尚、本メールを持ちまして最終通告とさせて頂きます。

(株)竹内商事

総合受付窓口

tel:092-515-1927

顧客担当・松嶋

東京都公安委員会

第30120801号

東京都調査業協会会員

1001号

代表取締役・竹内 勤

関連団体・社団法人 日本調査業協会

営業時間 平日、

午前10時~午後7時迄

休業日 日曜

ランダムに送信しているのだろうが、何だか笑っちまう。。

念のため、東京公安委員会のHPを見てみた。
「最近このようなメールが・・・云々」とあり、その文面が同じで、またまた笑った。

暇つぶしに電話をしてやろうと思ったが、こちらの携帯番号が履歴に残るのも癪に障るし、まぁ無視をする事にしたが、チョコボのイタズラ心がくすぶっている・・・。

宛名もないし・・・通知会社の名前もなし。。
電話して、「こちらも会社を経営している。パソコンの名義も会社の名義だし、顧問弁護士もいるからとりあえず、弁護士と同席してその明細書を見せてもらって、改めて訴訟しましょう」と言えば、電話を切ろうとする。

最初は、高飛車な態度で飛び付いて来て、その後、色々な理由を言って電話を切って逃げようとする状況が目に浮かぶ・・・。

あ~~~・・・
ウズウズするなぁ・・。。

PREV       NEXT
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/07 ☆teruko]
[06/02 チョコボ]
[04/16 シゲオ]
[03/14 マーク]
[03/12 マーク]
最新記事
プロフィール
HN:
チョコボ
性別:
男性
職業:
食品会社経営。
趣味:
飲む。打つ(ゴルフボール)。飼う(金魚)。買う(洋服、身の回りの物を衝動買いし、お局に呆れ返られる)。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
 
"チョコボ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.