ブログ

8月に入って初めての日曜日。
ハイビスカスの咲き誇った花が、夏らしさを演出してくれる。

数年前までは、お盆前後にどこに出掛けようかと予定を立ててウキウキしていたが、今では車で出掛けるのも億劫になっている。

今週末に、数十年間公私共々お世話になっている会社の懇親会に出席し、お盆とお盆過ぎに飲み会、月末に昼神温泉にゴルフ旅行へ行って来る。

ここ数日のあまりの暑さに、ゴルフに誘われても断ってばかり・・・。

さすがに体力に自信がない。。

少し前までは、夏が過ぎて行くのが寂しかったが、今では秋のたたずまいが待ち遠しい。

さぁ、今週は何を楽しみに過ごそうかな・・・。

以前のブログでも、小心者のライムと書いたが、先日のカミナリ&最近の花火の音にもビビリまくりのライム君・・・。

先日のカミナリでは、一回目の稲光に辺りをキョロキョロしだし、音にはビックリして階下へ飛んで行った。

カミナリも落ち着き、ライムを探しに階下へ行っても見当たらない。。

ひょっとして・・・と思い、事務所の奥にある商談室のソファーの下を覗いてみたら、そのソファーの下に隠れ、ジーっとしていた。

このソファー、他の椅子と違ってカバーが掛けてあり、床すれすれまでカバーで覆われている。

きっと出来るだけ狭い・・・と言うか、我が身が隠れる所へ入りたかったのだろう。

昨日の隣町の町内会の花火が上がった時にもライムの姿が見当たらなかった。

探しはしなかったけど、きっと例の場所で花火の音にビビリまくっていたのだろう。

近所のスーパーへ集配に来るダンボール集配車の音にも耳をピンと立て、その音を敏感に感じて居る様子。

メスのアンコの方がかえってどっしりと構えている。

男なのにビビリなんだから・・・。

あれ?・・・アンコは、お婆ちゃんになったから動じないだけなのかな・・・

女も、40を越えた辺りから、その辺の男より、、
ず~~~~~っと強いからなぁ。。

こんな絵本が面白いのだそうな・・・

あらすじは、そうべいと言う軽業師が綱渡りをしている時に、足を滑らせ下へ落ちてしまう。

落ちた所に火の車がやって来て、そうべいを乗せた。そこは地獄の入り口だった。

その車には、歯医者、ヤブ医者、山伏が乗っており、閻魔大王の指示で天国へ送られるか地獄へ落ちるか、の行先を告げられる。

結局4人とも地獄へ行かされるのだが、最初に指示されたのが鬼に食べられてしまう事。

鬼の口の中に入ると、歯医者が虫歯を見つけその歯を全部抜いてしまう。

噛まれずにそのまま呑みこまれた4人は胃の中へ・・・

胃の中には色々な物がぶら下がっている。

ヤブ医者がそれを引っ張ると、鬼はたまらずくしゃみをした。

結局4人とも外へ放り出されてしまう。

見かねた閻魔様が、今度は糞尿地獄へ落とす。

が、地獄でも水洗が機能しており、糞尿と水とが分離していて糞尿地獄の意味を足さない。

今度は熱湯地獄・・・

が、山伏が祈祷し、熱湯を丁度良い湯加減にしてしまう。

では今度は針地獄だ!と閻魔様・・・

しかしここでも軽業師のそうべいが、その針山をアスレチック風にしてしまい、4人は楽しそうに遊んでいる。

呆れかえった閻魔様が、4人を現生へ送り返してしまうと言う物語。

元々上方落語の「地獄八景亡者戯」から作られた童話なのだとか。
怖くて嫌な話かと思ったら、愉快で楽しい。
嫌な事もこうして乗り切れたらいいのに・・・

孫が4,5歳になったら読み聞かせてやろう。

これを見ていて、たけしが漫談でやっていたネタを思い出した。

ある時にこんな夢を見た。オイラが地獄に落ちて、閻魔様がやって来て、今からお前は罰を受けなければならないと言う。

それは、3つの部屋があり、その中から一つを選んで入れ、と言うものだった。

一つ目の扉を開けると、そこは火の海・・・

男達が熱さにもがいている。これは嫌だな・・・と思い次の扉を開けた。そこは針の山。

歩いている男達の足に針が刺さっている。。これも嫌だ・・・。

最後の扉を開けると、そこは糞尿地獄。

男達が首まで糞尿に浸かり、タバコを吸っている。

これも嫌だな・・・と思ったが、首だけ出してタバコが吸える。 まぁ選ぶならこれかな・・・と思い、裸になってその糞尿地獄に入った。

で、タバコを吸おうと思ってタバコを咥えたら、門番がやって来て、「はい・・・休憩終り!全員潜って!!」って言うオチ・・・。

きっとこの落語からヒントにして作ったネタなのだろう。

又色々な童話もゆっくり読んでみようかな。

「臨機応変に対応して・・・」と言う言葉をよく使う

その場その場に対して柔軟に対応しなさい・・・と言うと聞こえが良いが、往々にして無計画で、行き当たりバッタリの時が多い

ある物事を進めている状況で、緻密にシュミレーションして、唯一相手の対応(その場の状況)が不確定な時にのみ使う言葉だと思っている

だが、とにかく物事が始まってしまい、何か困難があった時に「その時は臨機応変に・・・」と言い訳のように使っていたのではないかと思う

先日も息子と話をしていた時に「その時は臨機応変に・・・」という言葉が出て来た

何だか、「その時は、上手く誤魔化して・・・」と言っているようにも聞こえるから不思議な言葉だ・・・

ましてや、自分がそのような対応をしてきた記憶があるから、その言葉に対して響きが悪い。。

臨機応変・・・・要するに、世渡り上手と呼ばれる人は皆、この言葉通り戸惑いに於いて対応に優れているのだろうか・・・

ある人の言葉を思い出していた

「私はたった一度だけ友人との約束を破り、彼から裏切者と呼ばれ、友人は100人もの人に嘘を付き、世渡り上手と呼ばれた」

世渡り下手で構わないから、いつの世でも「正直者」でありたいね・・・


先週の火曜日、右の肩甲骨の下辺りに痛みがあった

寝違いでもしたか、何かひねったかな・・・と思いながら湿布を貼って一日過ごした

翌日痛みも取れて、普段の生活に何ら差し障りはなかった

で、土曜日の朝、同じ個所が痛み、痛みでベッドから起きられない。。

寝返りを何度も打ちながらようやく起き上がった

仕事に出掛けたのだが、車に乗る時も、車の振動でさえ痛みを感ずるほどである

仕事から帰り、近くの医院へ行って診てもらった
内臓から来る痛みではマズイかな・・・と思い

まずは心電図・・・

結果、、、何か異常な反応を示すからすぐに専門の病院へ行きなさいと言う

「何か反応ありました?」と聞くと、「まぁ、大変!と言うほどではないけれど、変な数値が出てるし、心筋梗塞の恐れがあるから、今すぐに行った方が良いですね・・・」と言われ、紹介してもらった病院へ飛び込みで行って来た

心電図、血管圧等の検査、レントゲン、エコー・・・

結果を聞きに行ったら、心電図に大した数値は出ていないとの事

病院によっては、違う数値が出るんだ・・・なんて事を思っていた(少しホッとした)

で、血管数値・・・今の値(血管年齢)が90歳です と言われた。。

血管が硬いのだそうだ 筋力は48歳と言われたのに・・・

夏場に足の痙攣が頻繁に起きるのもそれに関係があるのかな・・・
(先生に笑われたし・・・90歳って・・・って。。)

で、エコーの検査、、心臓肥大と言われ、心筋が異常に厚くなっていると言われた。。変な数値も出ているし・・・とも・・・

え~~~っ!!!だった

家族、と言うかDNA関連では、誰も心臓で・・・なんて聞いた事がないし、何で?と言うのが本心  胸が痛い訳でもないし、動悸も息切れもあまりないし・・・

昨日、血液検査(4本)と尿検査をして来た

結果は一週間後

大した事はないと思うけど、心臓って・・・・

心筋梗塞で、運転中に・・・なんて言うのも困った話だしなぁ・・・・。。
まぁ、一週間後だな


まだ明るい夕方からデッキにて七輪で焼き肉

ハラミとタン

タンは一本丸ごと届いたので、根元の柔らかい部位をスライスして焼いてみた

色はピンク 脂がほど良く乗って美味しい!

冷凍庫にしばらく置いて冷やしておいたキンキンのビールで乾杯!

肉も食べ終わって、買って来たサンマを焼いて一膳の御飯のオカズとした

火力がまだ強く、網に乗せるとすぐに焦げ目が付いてしまう

頭と尾の部分が七輪の外に外れてしまうので、網を左右に動かしながら焼いてみた

脂が落ちるので、炎は上がりサンマはすぐに真っ黒・・・

が・・・食べてみると、しっかりと中まで火が通っている

表面だけ焦げて、骨の辺りはまだ赤い身が・・・と思っていたので意外

ガスとかIHでは経験出来ない遠赤外線効果なのか・・・・?

炭火焼きの威力に改めて感嘆

お気に入りの鳥屋さんが閉店してしまったし、どこかに美味しい鳥を扱っているお店がないかなぁ・・・。。


カルパッチョが好きで、ツマミによく作る

もちろん日本風に普通にわさび醤油で食べる事も当然のようにある

この日は、馬刺し用の肉を買って来て、薄めにスライスして塩コショウし、香草はルッコラのみにしてみた

チーズは、パルミジャーノの細切版 ちょっと多めにかけてみた

白身魚の時には、バルサミコを具に薄く塗るが、今回は塩とブラックペッパーとオリーブオイルのみ

最後にレモンをかけて出来上がり

この馬肉、大体700円前後 3回くらいに分けて食べている

残った分は、冷凍にして保存 それでも風味はあまり変わらない

白身魚より効率は良いのかも・・・?

こんな事書いていたらワインが飲みたくなった

今日は、久し振りにデッキで焼き肉(ハラミの良い肉が入ったのです)をしようかと思っていたが、カルパッチョ、ゴルゴンゾーラソース、キノコのリゾットで締めてみようかな・・・

ネットで、あるコラムを見ていた 面白い

その筆者、スポーツジャーナリストで、かなり鋭い観察力で物事を書いてる

面白い洞察力だな・・・と思っていた

上から目線ではあるけど、的確で、誰もが言えない事をズパ!っと書いてある


ウキペディアで経歴を調べてみた・・・

年は50代半ばで、早稲田を卒業し中堅のスポーツ専門の出版社に入り、その後評論家・スポーツジャーナリストとして独立・・・云々・・・とあった

ついでに画像も検索してみた

メガメを掛けた四角ばった赤ら顔で、髪形は、短めの坊ちゃん刈り(昔の慎太郎刈りみたい髪形・・・古!)、我の強そうな顔で、言い出したら聞かない、やんちゃ坊主、もしくは、頑固者の顔だった・・・

あの鋭い毒舌も、急に、、嫌な思い上がりのコメントに見えて来たから不思議である

あるコラムで、あるスポーツ選手に「お前は、挨拶も出来ない出来の悪い奴だけど、本当は素晴らしい志を持ったいい奴なんだ・・・あの無挨拶の無礼は、聞こえなかったから・・・と言う事にしておいてやろう」

の記事も、褒め称えた毒舌・・・と思っていたけれど、、、

ただのワガママ・傲慢・自己主張・上から目線だけの記事だったのか・・・と思ってしまうから、顔相とは恐ろしい・・・

よくテレビの討論番組で、持論を大声で相手を威圧しながら論破してやろう、と言う評論家がいて、「見苦しいなぁ・・・」と思って見ていたけど、あれと変わらないな・・・とも思ってしまった


顔相ねぇ・・・・・

歳を取って威張りくさった、頑固ジジイのイメージ顔だけにはならずにいよう。。


この曲と踊り、大好きで以前にもブログに書いた事がある

アパレルメーカーのサマンサタバサのものとかアメーバーピグのサイバーエージェントが作ったそれなどはとても秀作で見ていてとても楽しかった

それが、な・な・なんと、豊橋バージョンがあるではないか

知らなかった・・・

早速見てみた

http://www.youtube.com/watch?v=JgQeyyO6V3c

う~~~ん傑作!!

本当はもう少しダサイと思っていたが、素晴らしい

TOYOHASHI38が少し気になったけど、まぁ、、可愛い子ばかり(?)だったようで、素直に見れた

早速お気に入りに入れて、リピートして見てみよう・・・


バーニャカウダーの具。

オリーブオイルにアンチョビとニンニク、少し生クリームも加えてみた。

それだけで、何であんなに野菜を美味しく食べられるのだろう。

今度は夏野菜をどんな食べ方で食べてみようかな・・・。


息子に第二子誕生!

今度も女の子。 これで二人の女の子を持つお爺ちゃんになった訳。

名前は「麗世菜」。長女の「世玲菜」の世と菜の字を取ったようだ。

産まれた時の顔は、長女の世玲菜そっくり・・・。

同じ顔をした姉妹が、お揃いの洋服で歩く姿を想像してみる。

堪らないねぇ・・・。

お姉ちゃんになった世玲菜、やっぱり嬉しいようで、病室に見舞いに行くと「ねぇねぇ、レヨナ、ここにいるよ」と説明してくれる。

「お姉ちゃん」と呼んで欲しいようで、「セレナお姉ちゃん!」と呼ぶと、「はぁ~い!」と嬉しそうに大きな声で答えた。

一般的に「元気で産まれてくれたらそれだけでいい」とよく言うが、産まれたら産まれたで「幸せな人生を歩んで欲しい」と思う。

堤家の大事な大事な孫達。

本当に、本当に、、、幸せな人生を歩んで行って欲しい。


最近、ライムの様子が何か変・・・。

我が家の倉庫で産まれ、半年間浮浪の旅に出ていた割には意外に人懐っこかった。

お姉さんである「キョンキョン」と一緒に、チョコボの部屋の窓から突然入って来た時には少しおどけた様子だったが、すぐに慣れ、頭をなぜてやるとコロコロ言って目を細めていた。

相変わらず、出ばったけで、家にジッとしている事は中々ない。

先日もデッキで「トン」と言う音がしたので覗いてみると、ライムがお隣さんの塀を伝わってデッキから帰宅したところだった。

鉢の水を飲んでいたので、「おい!」と声を掛けると、一瞬固まって身構えている。

何かビク付いている。

きっと、よそでは、追い払われているのだろう・・・。

家庭菜園をしてたり、ペットを飼っている家にとっては、猫は厄介な動物なのだろう。

確かに、チョコボも子供の頃鳩を飼っていたり、金魚を飼育し出してからは、猫は天敵だった。

いつ来ても追い払えるように、エアーガンを買って猫を襲撃出来る様に備えていたほどだった。

ゴールデンリトリバーの「クッキー」が亡くなって、ペットロスで犬が飼えなくなって以来、我が家の癒しであるペットは、猫達だけとなった。

何匹の猫達が我が家へ来て、何匹の猫達が去って行ったのだろう・・・。

不思議な事に、言われないと思い出せないでいる。

チョコボ的に、犬への思いとは多少は違うのかも知れない・・・

しかし、あと残りの20年程の人生に、何匹の猫達が、我が家の団らんを支えてくれるのだろうか・・・。


最近食のブログを書いていなかった。

せっせと料理は作っているのだが、カメラがチョコボの部屋で待機しており、階下へカメラを取りに行くのが面倒で中々写真を撮れないでいる。。

昨日の昼、トマト缶でソースを作り置きしようと思って作り始めた。

昼過ぎに息子もやって来て、昼食を食べると言う。

結局トマトパスタを作る事になった。

先日、業務用スーパーで買ったちょっと大きめのエビがあったので、それを具にしてアラビアータ(トマトパスタですが・・・)を作ってみた。

息子曰く「トマトソースが酸っぱい・・・」との事。

食べてみたら、香草(バジル・パセリ・オレガノ・タイム・塩・あらびきコショー等)で作っておいた調味料が良く効いて美味しい。

きっと、、、味音痴の息子の事、一般のミートスパと比べていたんだろうな・・・。

チョコボと違い、味には無頓着な息子・・・

子供の頃、プールの帰りにうどん屋さんへ寄ると、お局は、セット(うどんの他にかつ丼とか一品が乗っている一見豪華でお得なセット)を頼むのに、息子はいつも煮掛けうどんを単品で頼んだらしい。

「ねぇ、ちょっと、、、私だけ豪華で、あんたに食べさせていないみたいだから、何か他の物を頼んでよ」と言うと、「僕はこれが好きだから食べるだけで、他の物は要らないから・・・」と言って煮掛けうどんだけを食べていたらしい。

味(食)に関しては無頓着なのか、始末屋なのか・・・

その部分だけは、誰に似たのか分らないでいる・・・。。


先週の土佐金錦。(今は70匹強の在籍)

夏を迎え、餌を欲しがる様子が顕著になった。

餌の与え過ぎが、金魚にとって一番の敵。

水の傷みも激しいし、体調を崩しやすい。

大きくしたいし、早く腹も出したい。

でも、梅雨時の水温の変化が油断大敵。。

そろそろ褪色が始まる当歳魚もいるが、土佐金は褪色が全体的に遅い。

特にこの仔達の雄親が黒いから、この仔達の中で数年後に褪色が始まる金魚も多いのだろう。

ゆっくり、ゆっくり育てよう。



7年前の新築後、デッキにオリーブの樹を置いた。

と言っても、もちろん鉢植えだけど・・・

どこで買って来たのは知らないけど、何だか貧弱な樹を買って来たなぁ・・・と思ったのが本心だった。

で、玄関先に置いてあったクロモジの樹が、数年前に枯れてしまっていて、その鉢が空き家になっていた。
春先にその鉢を息子に手伝ってもらい、3人がかりで2階のデッキまで運び、オリーブの樹を小さな植え木鉢から移し替えてやった。 きっと大きくて広い方がオリーブも気持ちが良いだろう・・・と思って。

毎年、実を実らせるのは、1つか2つだったのが、今年はなんと20粒ほどが成っている。

以前、オリーブの実を実らせるには、数本の同種の樹が必要・・・云々と聞いた事があったので、同種のオリーブの樹を買って来なければだめだよ・・・なんて話していた矢先だった。
窮屈な家から引っ越しをし、根をのびのびと張らしたお蔭なのだろうか。

「ねぇねぇ、見て!」と喜んでいたお局の顔が思い浮かぶ。


ブルーベリーの実も赤く色付き、はち切れんばかり。

成熟した実を取って食べてみたけど、甘酸っぱくて美味しい。


本当に、小さな小さな幸せを見つけた一日・・・。

昨日は母方の叔母の一周忌。

母方の家系としては異例の長寿で、92歳での大往生だった。

つい数年前まで会話をしていた親しい人の遺影を見るのは、何だか切ない。



先日ダンカンの奥さんが48歳の若さで亡くなった。

ブログでも悲しみの心境を書いていたが、マスコミに答えた言葉が身に染みた。

「今度生まれ変わっても、一緒になろうなんて言わない・・・今度生まれ変わる事が出来たら、ママリンの子供で生まれて来たい。 どんなに出来の悪い子だって、母親なら、ず~っと愛してくれる。出来の悪い子ならなおさら可愛いと言うし、いつまでもママリンに愛されていたいから・・・」とのコメント。

思わず涙してしまった。

身につまされたのだろうな・・・。

そう思っている事は絶対に内緒にしておこう。

絶対に、絶対に・・・拒否されちゃうだろうから・・・・。。


先程、お土産持参で朝帰りのライム。

目線の先には、やっぱりイモリ・・・。

しかも、結構大きめ。。

「オイ!」と声を掛けると、「なぁに??」と言った顔でこちらを向いた。

   

散々遊んで、飽きるとそのまま放っておくから性質が悪い。。

遊んで飽きたら、家に帰してあげなさいよ・・・。


昨日の事、小さな交差点だったが、青信号だったので普通に進入すると、左から乗用車がスーっと入って来た。

とっさにブレーキを踏み急停車をしたので事なきを得たが、ビックリした。。

見れば中年の女性だったが、きっと考え事をしていて信号は見ていなかったのだろう。

あれで、もし接触事故を起こしていたら、こちらにも非があるとなるからたまったものじゃないな。。

チョコボの先輩で広告代理店を営んでいる社長がいる。

結構押しが強く、一見怖い人のように見える。

車は、初代のレクサスを乗っていたから10年位前の話だと思う。

その社長、仕事帰りにある交差点に入った所、軽トラックに接触事故を起こされてしまった。

当然こちらは青信号、やっぱり先方は赤信号を見落としてしまったのだろう。

車を隅に寄せ、話をしていると相手がどうも酒の匂いがする。

話を聞くと、先方は大工さんで、新築の建前を済ませ帰宅途中だったそうだ。

その建前後に、お神酒をチョット飲んでいたらしい。

兎に角警察を・・・と言うと、その大工さん、車で逃走したそうだ。

すんなり逃がすような社長ではないし、当然車で追いかけ、途中で警察にも連絡した。

5分も走ったらすぐに捕まえたそうで、警察が来るまで首根っこを押さえて逃げないようにしていた。

数分後パトカーがやって来たので、こっち!こっち!!と合図すると、その大工さん、押さえていた手を振り払い、「助けて下さい!脅かされています」と言って警察に泣き込んだそうだ・・・。

その社長曰く・・・「あいつには参ったなぁ・・・」だそうだ。。

まぁ、事故には気を付けよう。


アンコも8歳を過ぎ、何だか落ち着いて来たみたい。

以前は、雨降りの中を散歩に出掛けて行ったが、最近では雨降りの日は散歩を我慢しているよう・・・。

今日の午前中は出掛けて行きそうだが、明日は、一日中家に閉じこもっていそうだな。

早く晴れるといいね、アンコさん。


よかったねぇ、遼くん。

上位には入賞出来るかな・・・とは思っていたけど、まさか優勝まで手が届くとは、正直ビックリ。

さんざんネットで叩かれていたり、評論家の間でも松山ばかりチヤホヤされて腐っていたのではないだろうか・・・。

一年前、米国のシーズン中に日本に帰って来た時に丸山茂樹の家へ行って愚痴をこぼしてと聞いた。「どうやっても通用しない」と・・・。

教えを乞うたらしいが、自分はシーズン途中に帰って来たりしなかった。通用しないのは自分の力が足りないだけだと追い返されたらしい。

その後、松山を可愛がっていた事を思うと、心情的に応援していなかったのかも知れない。

実際遼くんと丸山が同じ組でプレーした時に、遼くんのプレーが終わると、丸山がパッティングのアドレスをしているにもかかわらず、サッサと次のティーグランドに向かって歩く大ギャラリーに丸山が切れたと言う話を聞いた事がある。「本当にもう!・・・遼に付くギャラリーは・・・」と。。

”坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”の類で、遼が非常識、となっていたのかも知れない。

8月の全米プロに出場が決まっているそうだが、やっぱり予選カットぎりぎりの戦いになるのではないだろうか・・・。

アメリカの層の厚さを感じる・・・

このまま日本でプレーして、賞金上位にいて、年に数回のメジャーも権利が貰えるだろうし、数十年は安泰なのだろうし、選手生命も長いかも知れない。

またまた挑戦して跳ね返されて、ボロボロになっても又戦いを挑んで行く。

アメリカでのツアー優勝は夢で終わってしまうかも知れないけど、遼くんが挑戦し続ける以上、いつまでも応援してますよ。このチョコボ。

凱旋での優勝。

小さな事かも知れないけど、とっても嬉しかったですよ。

頑張れ!頑張れ!!遼くん!!だね・・・


選別を終え、4鉢ある一番上段にある鉢にいる良型の土佐錦の黒仔達。

全体的な体型も、腹の出具合も土佐錦らしくなって来た。

5月の終わりに我が家へやって来た時はまだこんなのだったのにね。

   

さぁ、今からが大事だな・・・。


このソーセジ、「レッカーランドフクカワ」と言う店の商品。

先日、友人とワインパーティを開いたのだが、その時に友人の一人が持って来てくれたもの。

ワインには合うから、と言って3種のソーセージを持って来てくれたのだが、そのすべてが美味しい。

早速ネットで調べて、昨日、お店がある浜松へ行って来た。

思ったより小さなお店でビックリ。。

種類も何十種もあり、チョイスに困ってしまうほど豊富な品揃え・・・。

全部食べたくなってしまう。。

友人へのお土産と、我が家用に5種のハム&ソーセージを購入。

帰り掛けにお局が、「あれ~~??ここって、この間友達と来たけどお休みだったお店じゃないかしら・・・。」と、とぼけた事を言いだした。

店の名前を確認して、「あ~~・・・やっぱりそうだ!同じ店だったんだね」と変に一人で納得していた。
が、、、どの辺で気付いたか疑問。
やっぱり、天然風か・・・・?

HPでも、楽天からでも購入が可能。

当分嵌りそうだな・・・。。




それにしても、こいつ・・・
  

あまりの姿に、愕然とした。。
これが議員。。本当、ビックリ!
海外各国のニュースでも「こんなの小学校にいたな・・・」って・・・

こんな類(たぐい)の議員って、まだ何人もいるんだろうなぁ・・・。

「先生様」方々の、あまりの低度の低さにドン引きした。

電子タバコを買ってみた。

5~6年前に流行った、タバコに似せた電子タバコとは比べ物にならないほど優れもの。

口元に近い、透明の部分にリキッドを入れ、先端の黒い部分を充電して、そのリキッドを霧化させタバコの煙もどきに吸う。

メンソール味があったり、バニラ風味があったり色々な味が楽しめるみたい。

が、そのリキッドが結構高い。。

10mlで800円とかする。

頻度にもよるが、10mlだと2~3日で無くなってしまう。

ネットで調べてみた。

電子タバコのリキッド・・・云々・・・

何の事はない、市販のグリセリンだった。

それにミントを入れたりして香り付けで楽しんでいるようだ。

早速薬局へ行ってグリセリンを購入。

1Lで900円也。

小分けして、ちょっと香りを加えれば、100倍の価格になるんだ・・・。。

電子タバコの出来の良さより、そちらの方に感心する。

月曜日の朝から使い始めて、3日間で吸ったタバコ3本(1日一本)

電子タバコを充電している間、手持無沙汰で吸ったタバコのみ。

1日に吸う本数が多かったから、少しでも少なくなれば・・・と思って買ったけど、そのまま電子タバコで満足して、そのまま禁煙が出来ちゃうかも・・・。


魚の仲買人をしている先輩から久し振りに電話があった。

「今年は、あまり良い毛蟹が無くってなぁ・・・探しているうちにワタリの季節になっちゃったよ、茹でて持って行くから・・・」との事。

昼過ぎに、発砲スチロールに入れて持って来てくれました。

写真で見るよりかなりデカイ・・・。

早速一杯は、ビールのツマミでむしゃぶりつく。味噌の美味しかった事。身もプリプリ。

さすが仲買人の選ぶ蟹は違うねぇ・・・。

少し小ぶりの一杯を味噌だけ食べて、あとはパスタにしてみた。

先日作っておいたトマトソースに蟹の身を入れ、チーズと生クリームでマイルドに仕上げてみた。 写真は撮り忘れたけど、「ボ~~~ノ!」でした。

まだ2杯、、、今日はどうやって食べようか・・・。

一杯はツマミ。

もう一杯は、蟹チャーハンか蟹玉、それと蟹と卵白身のトロトロスープにしてみようかな。

夜中、又は早朝に掛かって来る非通知の電話。。

コールは、1回もしくは2回。

先日も、デッキで金魚の世話をしていたら電話が鳴った。

こんな朝早くから掛かって来る電話だから、親爺??息子家族??と思ったら、ワンコールで電話が切れた。

ひょっとして、非通知??と思って着信履歴を見たら、やっぱり非通知の電話。。

昼中でも掛かって来るが、大体受話器を取ると「恐れ入りますが、アンケートにお応え下さい」と言う機械音のような女性の声のメーッセージか、電話工事の売り込み(ネットも早く繋がります、電話代も安くなります・・・と)か、商品の売り込み。

たいがい、「非通知で掛けて来た時点で、我が家は相手にしませんが・・・」と言うと、ガチャンと電話を切ってしまう。

以前、女性の営業で電話配線工事の売り込みの電話があった。NTTの子会社だと言う。

「非通知で掛けて来た時点で・・・云々」と伝えるとやっぱり電話を切った。

そして数分後、違う女性(上司と名乗ったが・・・)から電話があり、「先程は失礼致しました。社内の電話機の配線状態が・・・」と何やら言い訳をし始めた。

確か、06から始まる電話番号だったから大阪の業者なのだろう。

NTTの子会社で、NTTの配線工事の指定業者に指名されていると言い始めた。

あまりに面倒なので、「うちの息子がNTTに勤めているけど、何て言う業者?フルネームで教えて」と言うと、「あ~~なら、息子さんの知り合いの業者さんがいらっしゃいますよね・・・失礼しました」とか言いながら電話を切った。

普通の売り込みで非通知って、、その時点で怪しまれる、って思わないのかな・・・・。

オレオレ詐欺と同じで怪しいと思っても、話に乗ってしまう人が多い・・・って事なのかな。。

PREV       NEXT
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/07 ☆teruko]
[06/02 チョコボ]
[04/16 シゲオ]
[03/14 マーク]
[03/12 マーク]
最新記事
プロフィール
HN:
チョコボ
性別:
男性
職業:
食品会社経営。
趣味:
飲む。打つ(ゴルフボール)。飼う(金魚)。買う(洋服、身の回りの物を衝動買いし、お局に呆れ返られる)。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
 
"チョコボ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.