ブログ

昔話に「鶴の恩返し」がある。

罠にかかった鶴を助けたおじいさんの元へ若い娘がやって来て、いずれ家族の一員となり、奇麗で高価な織物を織っていた。 絶対に部屋を覗かないで、と言われていたが、ある日どうしても我慢が出来ず覗いてしまった。

そこで機を織っていたのは、人間の若い娘ではなく、以前おじいさんが助けた鶴だった。

姿を見られた鶴は、もうここには居られないと悟り、飛び立って行った。

と言う物語。

これを原作として、木下順二が書いた戯曲「織姫」がある。

こちらは、助けたのはおじいさんではなく、「与ひょう」と言う男。

夫婦として生活して行くのだが、物語のくだりは原作と同じ。

人の優しさ、恩に対する義理・・・要するに、良い事をすれば、良い事が帰って来るよ。

と言う教訓だと思う。

先日、夜中のバラエティ番組で、芸人のバカリズムがこの話を振っていた。

「鶴の恩返し、って話、、あれ、どうしても意味が分らないし腹が立つのですよね。人間の姿に変えて恩返しをしに来たとすると、バレた時のリスクが大きすぎるし、なおかつあれを日常生活として置き換えてみると、嫁さんの部屋を覗いたら、嫁さんが怒って実家へ帰っちゃった・・・って話じゃないですか・・・何を伝えたいのか分らないのですよ」と言っていた。

なるほど、部屋を覗いたら、嫁さんが怒って実家へ帰ってしまった。か・・・

そう言えば我が家も、もしチョコボがお局の部屋を覗いたら、怒って家を追い出されちゃうかも知れないなぁ・・・。。

COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD :
───────────
コメント編集時に使用
 
PREV       NEXT
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/07 ☆teruko]
[06/02 チョコボ]
[04/16 シゲオ]
[03/14 マーク]
[03/12 マーク]
最新記事
プロフィール
HN:
チョコボ
性別:
男性
職業:
食品会社経営。
趣味:
飲む。打つ(ゴルフボール)。飼う(金魚)。買う(洋服、身の回りの物を衝動買いし、お局に呆れ返られる)。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
 
"チョコボ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.