ブログ


朝、いつものように配達に出掛け、それが終わり帰宅し、送りの商品の到着を待っていた。

ドライバーによって配達される時間は違うが、早い時は9時頃には着いているし、あるメガネのドラーバーはいつも11時過ぎに来る。

先日も11時過ぎに来たので、嫌味を言ったが、今日もこの時間に来ないと言う事は、嫌味が効いていなかったのだろう・・・そしてきっと彼の当番なのだろう・・・。

暇にかこつけてネットサーフィンをしていたら、「泣ける話」で母への思いが綴られているページにたどり着いた。


俺は母子家庭で育った

中学生になったある日、母が俺の部屋に来て今日のごはんについて聞いて来た「たけし 今日ご飯何が食べたい?」

唐揚げが食べたかったが、素直に「唐揚げが食べたい」と言えなかったので「なんでもいい!」と答えた
「なんでもいいが1番困るのよ~、ねえ何がいい?」
母があまりにしつこいのでついつい言葉を荒げてしまった
「うるっせーな!何でもいいって言ってるだろ!」

母はすこし悲しそうな顔で台所に向かった

しばらくして母に呼ばれた「たけしー ご飯よー」

が、すぐには向かわなかった。少し照れ臭かったのだ

呼ばれてからかなり後に食卓に向かうと、そこで母は待っていた

母が作ってくれたのは、俺が食べたかった唐揚げだった・・・

本当は、アツアツの唐揚げを俺に食べさせたかったのだろう

なんだかとても嬉しかったし、申し訳なかったので 洗物をしている母の後姿に「ごちそうさま、美味しかったよ」と言った

すると母は今まで見たことのないくらいの笑顔で「今日はどうしたの?気持ち悪いわね」と言った
久々に見た母の笑顔だった

嬉しかったが、今まで「ごちそうさま」の、こんな当たり前の言葉も言えなかった自分が恥ずかしかった

今度機会があったら、母に「ありがとう」と伝えようと思う・・・

母さん、いつもありがとう



母への感謝の思いは、万国共通、永遠のカテゴリーのようだ・・・

COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD :
───────────
コメント編集時に使用
 
PREV       NEXT
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/07 ☆teruko]
[06/02 チョコボ]
[04/16 シゲオ]
[03/14 マーク]
[03/12 マーク]
最新記事
プロフィール
HN:
チョコボ
性別:
男性
職業:
食品会社経営。
趣味:
飲む。打つ(ゴルフボール)。飼う(金魚)。買う(洋服、身の回りの物を衝動買いし、お局に呆れ返られる)。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
 
"チョコボ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.