ブログ


京都で一番興味があるのが「聚楽第」

豊臣秀吉の別邸であり、秀吉が関白になった後は、甥の豊臣秀次の邸宅となった。

しかし、秀次に謀反の疑いがあり(策略だと思っていますが・・・チョコボは・・・)秀吉により蟄居、粛清されると、築8年にして聚楽第も取り壊された。

その遺構とされるのが、西本願寺にある「飛雲閣」と、大徳寺にある「唐門」。


この「飛雲閣」の写真を小学校の教科書で初めて見た時に、何とも言えぬ衝撃が走った。

遺構からは、金箔の瓦も多数出土している。

聚楽第の全体の姿を想像するだけで胸がワクワクする。

聚楽第の周りには、秀吉に使えていた大名屋敷やら千利休の屋敷もあったと言う。

千利休の屋敷前にあったのが、茶道具で有名な「楽家」

この「楽家」は今でもあり、自宅と美術館になっている。

以前、佐川美術館へ行った時に、楽家十五代目が水中にある茶室を作り、その素晴らしさに目を見張った。

丁度今回泊まるホテルもその楽美術館へ歩いて行ける距離だった。

「竹内栖鳳展」,「楽美術館」,「清水三年坂美術館」,お局のリクエストで呉服店の「ぎおん斎藤」へ行くのは決まった。


お寺巡りは、ここ40年でほとんど回ってしまったし、あとは、食事処を調べてみようかな・・・。

COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD :
───────────
コメント編集時に使用
 
PREV       NEXT
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/07 ☆teruko]
[06/02 チョコボ]
[04/16 シゲオ]
[03/14 マーク]
[03/12 マーク]
最新記事
プロフィール
HN:
チョコボ
性別:
男性
職業:
食品会社経営。
趣味:
飲む。打つ(ゴルフボール)。飼う(金魚)。買う(洋服、身の回りの物を衝動買いし、お局に呆れ返られる)。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
 
"チョコボ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.